短く完結した面白い漫画【5巻までで完結】

5巻までで完結した面白い漫画たち

    【感想】ペスト(4巻完結)

    ペスト4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  1947年発行の小説をコミカライズ。  今日本では2021年9月30日をもって緊急事態宣言が解除されました。  本巻が9月15日に発行ですので、何とも言えないタイミングですね。  結局は最後にある「伝染病はただやってきて、いずれ去る。」なんでしょう。

    【感想】声優ラジオのウラオモテ(3巻完結)

    声優ラジオのウラオモテ3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  身バレ騒動から売っていくキャラ変更、今のファンと今までのファン。  いい落としどころだったんじゃないかなと思ったら、コミカライズ最終巻とのこと。  結構面白かったんですが残念です。

    【感想】少女花図鑑(2巻完結)

    少女花図鑑下巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  淡く儚い恋心だったり、花ではなく自信を見てほしい自尊心だったり、友人を想う気持ちだったり。  明とわこの話を中心とする群像劇ですが、京子ちゃんと久美子ちゃんの話も捨てがたいですが、須藤すみ子ちゃんが古賀君に告白する話好きです。

    【感想】あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない(3巻完結)

    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  2011年4月~6月にアニメが放送され、翌年2012年コミカライズした作品。  そうか、もう10年前の作品なのか…。 アニメのエンディングのカバー元の曲に至っては2001年8月に発売、20年前です。  コミカライズ版を改めて読みなおしましたが、最後のめんまのシーンはやはりだめでした、涙出ました。

    【感想】やきもんロワイヤル(2巻完結)

    やきもんロワイヤル2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  メインキャラクターの伊万里、九谷、備前、美濃がそれぞれ表紙を飾ってほしかった…。  種類が多くてどんどん細分化された「焼器霊」が出てきたあたりから雲行き怪しかったです。  擬人化してわかりやすくて面白いと思ったんですが、焼物とっつきにくかったんかなぁ。

    【感想】漆葉さららは恋などしないっ(4巻完結)

    漆葉さららは恋などしないっ4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  ドタバタラブコメと思いきや呪いや土地神やらそっち方面の話と案外シリアスな話ぶっこんできます。  絵が安定して可愛いのとコメディのノリが自分には合っているので楽しく読めました。  ただ、第1話は2018年2月号、最終話は33話で2021年6月号なので長かった印象が。  終わり方が性急だった気がしなくもないですが、31、32話は結構好きです。

    【感想】友達として大好き(3巻完結)

    友達として大好き3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  主人公・沙愛子が、逃げ込んだ生徒会失で高敷結糸と友達になろうとする話。  沙愛子ちゃん勉強ができないって意味の馬鹿なんだと、規則がないと友達ができないんだと勘違いしていました。  彼女は尊敬に値する主人公だと思います。

    【感想】徳川の猿(4巻完結)

    徳川の猿4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  十二天狗も続々と登場して完全に打ち切りコースじゃないか。  女性らしさはありつつもエロさではなくしっかりアクションをしてそこを魅せるのは素晴らしい。  なのに完結なのか…。

    【感想】五時間目の戦争(4巻完結)

    五時間目の戦争4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  水彩画のようなきれいなカラーの印象的とは裏腹に内容はデスゲームに近いダークファンタジー。  いつ終わるとも知れない戦争に向かうことを強いられながらも安居島都、双見朔、篠川零名の恋愛を描いていきます。  安居島都、双見朔が「出兵不適格者」とされたことなどほとんどが最終4巻で明かされます。

    【感想】さよならじゃねーよ、ばか。(1巻完結)

    さよならじゃねーよ、ばか。表紙おすすめ度:★★★☆☆  オタクのことが気になるギャル、後日談の漫画家のことが気になるOLが好きです。  好きなんだけど、全体的にバッドエンド多いです。  コマと言うか間の使い方がうまいというか、キャラクターの心情が動いてるのがわかりやすく、丁寧に描かれている印象です。

    【感想】ウィッチギルドファンタジア(2巻完結)

    ウィッチギルドファンタジア2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  ちゃんと続いていたこと、続巻が出たことが嬉しかった半面、打ち切られた感の凄い後半の展開スピード。  魔女が嫌われる理由や世界観、そこに至るまでの歴史設定、話の展開好きです。  クロウリアメインで話が進みますがモニカの出番がもっとあれば…!

    【感想】元カノに幻想を抱くなバーカ(1巻完結)

    元カノに幻想を抱くなバーカ表紙おすすめ度:★★★☆☆   2018年から発行した同人誌をまとめたものとのこと。   レズビアンの話多め。純愛もの。   どれか一つ選べと言われたら「オタク♥キモ♥♥♥」が好き。

    【感想】ライター×ライター(3巻完結)

    ライター×ライター3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  アニメの脚本などの解説が多く若干テンポは悪く感じますが、ストーリーとしては簡潔で長くはありません。  簡潔なストーリーはその分わかりやすく、主人公・カエデちゃんの仕事が認められたときとか、3巻の脚本対決の結果とか面白かったです。  作中のアニメ、特に「サイレント」はアニメで見てみたいと思わせてくれます。

    【感想】スクラップド・プリンセス(3巻完結)

    スクラップド・プリンセス3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  3巻で完結しました。  漫画だけ読んだら疑問符ばかりの尻切れ蜻蛉です。  原作の2巻まで、アニメでいえば4話までの内容なので打ち切りだったんでしょう。  15年以上前の小説をコミカライズするのは(時代的に)難しかったか。

    【感想】ななつ神オンリー!(1巻完結)

    ななつ神オンリー!1巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  信仰心がなくなると消えてしまうという結構恐ろしい設定の中、信仰心を集めるべくアイドルを目指す七福神をコミカルに描いた作品。  1巻では七福神全員がメンバーになるところまでは至りませんでした。  気になる今後だったのですが、掲載雑誌が休刊となって2巻は残念ながら発売されませんでした。

    【感想】転送者 皆川亮二短編集(1巻完結)

    転送者 皆川亮二短編集表紙おすすめ度:★★★☆☆  1997年の作品「転送者」を含め5作品がが収録されています。  「転送者」では当時の20年後から来たという神覇玲二も、現実の2017年に転送の技術が確立されなかったので転送されていないのでしょう。  実際に体丸ごと過去に送るというのではなく、脳波(データ)によるタイムトラベルは面白いですね。  「the Killing Pawn」は将棋漫画に見せかけたギャグ漫画です。

    【感想】ラブスコア(2巻完結)

    ラブスコア2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  1巻が主に川崎ゆうじ視点が多いのに対して2巻では天宮ちせ視点が多くなります。  面白い設定なのでいろんな人の視点から色んなシミュレーションが語られるのかと思ったのですが、川崎と天宮の話を主軸にして話を広げすぎなかったのはよかったと思います。

    【感想】All Free! ~絶対!無差別級挑戦女子伝~(2巻完結)

    All Free! ~絶対!無差別級挑戦女子伝~2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  小柄な淳ちゃんがでかいおっさんどもに挑み対等かそれ以上に戦うさまはかっこいいです。  動きやスピード感、特に組手をしている時などキャラクターが考えていることを細かく描写してくれるのはありがたいし面白いです。  作者があとがきで触れていますが、続き(第2部)を書かれているようです。

    【感想】小さいノゾミと大きなユメ(3巻完結)

    小さいノゾミと大きなユメ3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  12cmの身長が普通の人(?)が生活する空間にいたら、サイズが違いすぎて大変だろうと思わせてくれます。  後半少し駆け足な気がしましたが、最後も由芽ちゃんが前向きになりハッピーエンドでうまくまとめていたという印象です。  由芽ちゃんの髪型が大好きです。

    【感想】合格のための!やさしい三角関係入門(2巻完結)

    合格のための!やさしい三角関係入門2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆ 真幸はあきらを、あきらは凛を、凛は真幸を好きな三つ巴(?)な関係が描かれます。  2巻前半ではあきらの感情がメインで描かれ、自身の感情の行き場を持て余す感じがとても好きです。  終わりに最初のキスを回収するのは良かったです。

    【感想】ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(4巻完結)

    ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆ 原作小説1巻部分のコミカライズ。   4巻ではクワッドジャム終盤、SHINCとの激闘が描かれます。  その後主人公の友人フカ次郎も登場してクワッドジャム2が開催される、原作小説2巻に続く展開となるのですが、惜しくもここでコミカライズは4巻完結となりました。

    【感想】EX-ARM EXA(2巻完結)

    EX-ARM EXA2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  前作EX-ARMからの主人公を天守にしての続編、まさかの2巻で完結。しかも裏表紙には「EX-ARM」シリーズ完結巻とまで。  確かに最初の夏目ツカサの交通事故のことが明かされたり、天守マツリの因縁やらが明かされました。  しかしこれで終わりとは、消化不良というか。

    【感想】宇宙戦争(3巻完結)

    宇宙戦争3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆ 原作は1898年にH・G・ウェルズが発表したSF作品の名作。  結末は案外あっさりしています。  牧師が火星人のあまりの戦闘力、無慈悲さを見て心を病み、火星人を新しい神と崇め始めるのは興味深かったです。

    【感想】フードコートで、また明日。(1巻完結)

    フードコートで、また明日。表紙おすすめ度:★★★☆☆  緩やかに日々の何気ない会話が展開される日常系コメディ。  百合かと言われると百合かもしれないですが、なんというか友情とまで言うと小恥ずかしい何かではないでしょうか。  和田ちゃんの憎めない馬鹿っぷりと山本ちゃんの男前な感じ、彼女たちの何気ないやり取りが楽しいです。

    【感想】末期ガンでも元気です 38歳エロ漫画家大腸ガンになる(1巻完結)

    末期ガンでも元気です 38歳エロ漫画家大腸ガンになる表紙おすすめ度:★★★★☆  闘病生活もそうですが、中盤でのカミングアウトは結構重かったです。  本人はすごく勇気がいることだったと思いますし、作中でも言われていますがカミングアウトを受ける時には軽視せず疑わず真剣に聞こうと思いました。  いざ自分がこうなったら、周りの人がこうなったら、そんなときの心構えがあらかじめできるのではないでしょうか。

    【感想】性教育120%(3巻完結)

    性教育120%3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  女子高での授業(ほぼほぼ授業外で話してますが)において快活な辻先生が明るく教えるという形ですが、辻先生も自身がやったことのないことなどわからないことや生徒に気づかされたりすることもあります。  残念ながら3巻で完結のようですが、辻先生の性教育はまだまだ続きそうです。

    【感想】プリティーエンジェル ココ&ナナ(1巻完結)

    プリティーエンジェル ココ&ナナ表紙おすすめ度:★★★☆☆  正直ストーリーはあってないような感じですし、エロへのもっていき方も雑な感じは否めません。  でもこのSt.Valentine's Day Storyはすごく好きです。  「本命チョコ」ちゃんとわたしてるから。

    【感想】私たち同じ人を好きになりました(1巻完結)

    私たち同じ人を好きになりました表紙おすすめ度:★★★☆☆  男女の三角関係的な話ではありません。  小峰ケンという共通の話題を介してあっちゃんとみっちゃんが仲良くなっていきます。  同じものが好きで語り合えるって羨ましい。

    【感想】EX-ARM Another Code(2巻完結)

    EX-ARM Another Code2巻表紙おすすめ度:★★★★☆  原作EX-ARMのスピンオフ作品で、外伝小説のコミカライズ。  時系列的には原作コミックスの第5巻(横須賀事件後)あたり。  アンドロイドは恋をするのか、愛がわかるのか。  もしかしたらアンドロイド同士が恋愛のほうが純粋で彼らのほうがよく分かるのかもしれない。

    【感想】電波的な彼女(2巻完結)

    電波的な彼女2巻表紙おすすめ度:★★★★☆  15年の時を経てコミカライズ。  緻密なトリックを暴くというものではありませんが、犯行の動機や規則性を明かされる前に考えると面白いと思います。  無駄がそぎ落とされて必要な部分だけが、しかしはっきりと魅力となって現れている作品だと思います。

    【感想】福島鉄平短編集アマリリス(1巻完結)

    福島鉄平短編集アマリリス表紙おすすめ度:★★★☆☆  「アマリリス」「イーサン飯店の兄弟は今日も仲良し」「ハルよ来い」「ルチア・オンゾーネ、待つ」「私と小百合」「アマリリス【epilogue】」を収録。  特に「イーサン飯店の兄弟は今日も仲良し」が好きです。兄は強いんだなって。

    【感想】青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(2巻完結)

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆ 主人公の梓川が図書館で本を探していたところ、バニーガールの格好をした桜島麻衣に出会う。 他人が自分を見られなくなっている「思春期症候群」を、好きな彼女を忘れないように主人公が青春ブタ野郎になる話。

    【感想】ID:INVADED(3巻完結)

    ID:INVADED3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  漫画版ID:INVADEDの完結巻。  正直に言って、何言ってるのか一回読んだだけではわからなかったです。  今回のイドでは現実の思考実験のようなタイムトラベル要素を(変に?)入れてしまっていて、理解を難しくしてしまっているように思えます。

    【感想】HUMANITAS ヒューマニタス(1巻完結)

    ヒューマニタス表紙おすすめ度:★★★★☆  本作は大きく3編、オセロット編、ユーリ編、エナ編に分かれています。  それぞれが生きる時代も場所も性別も、取り巻く状況も考え方や常識も違う中彼らが必死に生きたこと、戦ったこともそうですが、それを通じて愛とは何かを伝えたかったのかなと自分は思いました。

    【感想】IDOROLL(1巻完結)

    IDOROLL1巻表紙おすすめ度:★★★★☆ アイドルスポ根もの。話のテンポを良くするためか、細かい謎部分や強引な展開はあるもののそれを補って余りある勢いがあります。 主人公と相方とのやり取り、常連ファンなど一話一話キャラクターや関係性を掘り下げていって、ライブ場面でカタルシスを持ってくるのは、これこそ王道これこそアイドルと言わんばかりで大好きです。

    【感想】青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない(2巻完結)

    青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  主人公の梓川が桜島と交際を始めた日から、翌日にならなかった。  後輩の古賀によるものとわかるが、古賀は自分の友人関係を維持するために前沢からの告白を回避するために同じ日を繰り返し、主人公との嘘の恋人を演じることで次第に主人公に好意を寄せていく。

    【感想】定時にあがれたら(4巻完結)

    定時にあがれたら4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  完結してました。  湯川さんと水城さんがいちゃいちゃしてるところもいいんですが、水城さんの友人との関係も個人的には好きなところ。  水城さんが話すことができたのは、話したいと思えたのはこの友人たちだったからだろうなということが見て取れるのもとても素敵でした。

    【感想】彼女はもう死んでいるのに!(1巻完結)

    彼女はもう死んでいるのに!表紙おすすめ度:★★★☆☆  登場人物も少なくストーリーは一本道で長くありません。しかし、キャラクターの心情やその動きを細かく描写していて朱にも千秋にも感情移入しやすく、冗長な部分が多くないのでわかりやすいです。  本編の最後、亡くなる前の霞の描写があります。ここだけ見ればなんということはない些細な出来事なのですが、そこに含まれた霞の心情が本当に人間という感じでたまらなく好きです。

    【感想】崖っぷち天使マジカルハンナちゃん(3巻完結)

    崖っぷち天使マジカルハンナちゃん3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  主人公の道上帆南は30歳を目前に4年付き合った彼氏に振られ、やけ酒した帰り道、猫のぬいぐるみを拾ってなんでか変態たちに囲まれた波乱の日常が始まる!  小物や設定をうまく使ってボケやツッコミ、ストーリーの盛り上げ、伏線の回収をしスピーディーな展開からストレスなく楽しめます。変態しかいないけど。

    【感想】ひなたと三笠(1巻完結)

    ひなたと三笠表紙おすすめ度:★★★☆☆  転校してきたばかりでクラスになじめない大塚三笠に同じクラスの八雲ひなたが絡んで友達になろうとするお話。  凄く熱い、暑苦しいのに嫌悪感を感じないのはひなたの底抜けに明るいキャラクター故か。  三笠がひなたの家に行ってカレーをごちそうになるシーンがあるんです。よくないですね、泣きそうになりました。

    【感想】かみくじむら(4巻完結)

    かみくじむら4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  主人公永瀬が職を失い一人旅をしている最中に、老人を助けるものの、老人からお茶をもらったあと意識が遠のく長瀬。そして起きたところは全てが籤できまる外界と隔絶されたかみくじ村だった。  女性しかいないかみくじ村で、助けた老人が村長であり唯一の男性であり絶対的な権力者であった。助けてくれた永瀬を次期村長候補とすると言い出す。

    【感想】笑うあげは 盲牌の蝶(4巻完結)

    笑うあげは4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  それぞれの話がそれぞれの話で完結するオムニバスのような形をとっており、話のテンポは速いです。  各話では麻雀を通じて対戦相手の人格や背景、人生が語られあげはがそれを汲み取りつつも打ち負かしていくのは爽快です。

    【感想】とどのつまりの有頂天(2巻完結)

    とどのつまりの有頂天2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  「雨でも晴れでも」の前作(?)でドタバタ百合ラブコメです。  基本のストーリーはほぼ同じですが、切り取り方の違いやこちらのほうがコメディ色が強い等の違いがあります。  同じ作者の同じ作品が違う雑誌で違う形で見れるのは珍しいと思いますので両方読み比べてみるのも面白いです。

    【感想】ひまりのまわり(3巻完結)

    ひまりのまわり3巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  いきなりできた義理の妹ひまりちゃんに振り回される日常ストーリー。  ひまりちゃんが純粋でかわいいし、理不尽に振り回されるわけでもないので楽しく読めます。

    【感想】グランジェリー(4巻完結)

    グランジェリー4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  力ある下着とかわけわからんやろ、バカすぎるわ(誉め言葉)。  十三神部隊とか出てきたり、強くなるために敵に教えを請い修行、敵の強襲、熱い展開の最中打ちきりかよ!?

    【感想】ソシャゲのプランナーさん(2巻完結)

    ソシャゲのプランナーさん2巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  ソーシャルゲームが出てきてから十余年くらい経ちますが、あまりこういった漫画は見ないですね。  ソーシャルゲームを作る側の苦労や苦悩、やりがいや感動などが感じられて面白いです。

    【感想】机ノ上神話(1巻完結)

    机ノ上神話表紙おすすめ度:★★☆☆☆  「同性同盟」はコメディとして面白いというよりゆるい百合が楽しいですかね。

    【感想】賭ケグルイ妄(4巻完結)

    賭ケグルイ妄5巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  生死のリスクを負うことに快感を見出す生志摩妄狂った価値観やらが現れていて割と好きなんですが4巻で完結となってしまい残念です。

    【感想】万代かなめは遊びたい(4巻完結)

    万代かなめは遊びたい4巻表紙おすすめ度:★★★☆☆  キャラの名前も聞いたことのある名前だったり、ミニ四駆やドンジャラなどメジャーなものからそうめんスライダーなんてものまであり楽しいです。

2020年8月23日

Copyright 2020-2021 その漫画面白かった? All Rights Reserved.