漫画感想

【感想】しあわせのくに(1巻完結)

2021年2月19日

 近未来SFが好きな方におすすめ。

基礎情報

しあわせのくに表紙
出典:しあわせのくに6巻表紙

作品名 : しあわせのくに
ジャンル: 近未来SF
漫画  : 大見武士
原作  : -
出版社 : 株式会社リイド社
掲載誌 :
レーベル: SPコミックス
発表期間:
巻数  : 1
状態  : 完結
アニメ : -

 満たされる 空っぽだった器に 幸せが
 少し前まで世界はきれいで 他人の幸せを喜べたのに 今じゃ
 私は「本物」が好き 偽物だと思うと一気に冷める 幸せを感じない

出典:しあわせのくに裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★☆☆☆
 近未来、全感覚投入型VR技術の発達した中でも人間の欲や苦しみは変わらない。
 通底するSF設定に男女の関係をメインとした欲望や苦悩を表した短編集のような感じです。
 ちゃんと設定があると思うんですが、作中に出てくる「ナーム」の設定とかは作中で出してほしかったです。


 

Sample

主な登場人物

しあわせな夫婦
・マユミ
 夫との生活がうまくいかずAIにそれを求めてしまう。

しあわせな熟女
・木ノ下
 45歳独身女性。自身の年齢から結婚を諦めるもVR難民に。

しあわせな復習者
・エリカ
 順風満帆な人生から一転、婚約者を矢口に奪われたことから、矢口へ復讐する。

・矢口ふみえ
 妙に舌足らずな喋り方で男に媚びた態度をする。

しあわせな浮気
・吉本
 VRではなく「現実」に重きを置き夫との関係がうまくいかなくなった。

あらすじ

 ウェアラブル機器のインプラント技術の発達・常識化した時代。
 全感覚投入型VR技術を実現した日本。娯楽のみならず、社会・生活のインフラ化を進めるVR先進国となっていた。

しあわせな夫婦
 夫との生活がうまくいかず、AIにそれを求めていくマユミ。
 AIは彼女の幸せを願い、依存していく。
 一方で夫は。

しあわせな熟女
 36歳の時にマッチングサイトに登録するも、結婚を申し出る男はいなかった。
 一人で幸せになってやると仕事に打ち込む木ノ下。
 人生120年の時代残りの75年、若返りたいと思った。

しあわせな復習者
 会社の同期の彼と会社の大きな案件がまとまりつつあり、その成功に合わせて結婚する予定だった。
 しかし、矢口ふみえが現れ状況が一変、婚約も破棄されもみあいの加害者にされてしまう。
 そこから矢口ふみえの復讐が始まる。

しあわせな浮気
 VRが日常化しても「現実」を重視している吉本。
 夫との生活もそれを望んだが、夫に理解されず、周りの人にも現実感失望症とまで言われてしまう。
 そんな中同窓会で久しぶりにあった同級生が同じ悩みを持っていた。

感想

 近未来、全感覚投入型VR技術の発達した中でも人間の欲や苦しみは変わらない。
 通底するSF設定に男女の関係をメインとした欲望や苦悩を表した短編集のような感じです。

 VR難民や極端な言葉狩りや個人尊重主義を拗らせたせいで日本が一度壊れたとか、語られない設定がありそうです。
 ですがあえてそこには深く言及せずに物語に注力しているので読みやすいです。
 なんとなくSFっぽい感じのファンタジーと感じてしまうのは残念ですが。

 ただ、カバー下の漫画でも言っていますが、作中に出てくる「ナーム」の設定とかは作中で出してほしかったです。

作者・書籍関連

 大見武士さん


-漫画感想
-, ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5