漫画感想

【感想】もののがたり(11巻まで)

2020年6月4日

基礎情報

出典:もののがたり11巻表紙

作品名 : もののがたり
ジャンル: 和風ファンタジー、アクション
漫画  : オニグンソウ
原作  : -
出版社 : 集英社
掲載誌 : ウルトラジャンプ
レーベル: ヤングジャンプコミックス
発表期間: 2014年5月~
巻数  : 11
状態  : 連載中
アニメ : -

 長い年月を経て道具に心が宿った付喪神、付喪神を屠る力も持つ賽眼(さえのめ)であり付喪神に復讐を誓う主人公兵馬と付喪神とともに生き家族として生きてきたぼたん、二人とふたりを取り巻く人々・付喪神が紡ぐ物語。

感想概要

 おすすめ:★★★★☆
 この作品の特徴といってもいいと思いますが、主人公達賽眼の使う武器が引手(引き戸を開けるために取り付ける金具)です。世界観から自ずと導き出されたものと思われ、とても面白いです。
作品自体もヒロインを守る主人公の物語や付喪神など割と王道な作品であり、特に主人公は変になよなよしたり優柔不断だったりしないのでとても好感が持てます。

Sample

感想

 2014年から連載しており、最新刊が発売されたので感想を。
 コミックスでは敵方藁座廻に迫りつつ、賽眼御三家の一角黒檀との戦いのクライマックスです。ぼたんの中に眠る現人神(あらひとかみ)誕生の話から次の戦いの幕が開くところまで進みます。
 この作品の特徴といってもいいと思いますが、主人公達賽眼の使う武器が引手(引き戸を開けるために取り付ける金具)です。引手を武器にする発想はすごいですね。
 でもこの発想は奇をてらったものというより物語や世界観から自ずと導き出されたものと思われ、とても面白いです。
 作品自体もヒロインを守る主人公の物語や付喪神など割と王道な作品であり、特に主人公は変になよなよしたり優柔不断だったりしないのでとても好感が持てます。

 11巻ではぼたんちゃんが超かわいい。

作者・書籍関連

 オニグンソウさん
 https://twitter.com/onigunsou


 電子書籍はebookjapanもおすすめ!

電子書籍版(11巻)

電子書籍版(1巻)


(作者関連)ヒトガタナ

電子書籍版(11巻)

電子書籍版(1巻)


-漫画感想
-, , , , ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5