漫画感想

【感想】AR/MS!! (エーアール・マルチプルサヴァイヴ)(~#14まで)

2020年10月30日

 魔法少女が好きな方もサバゲ―が好きな方にもおすすめ

基礎情報

AR/MS!! (エーアール・マルチプルサヴァイヴ)2巻表紙
出典:AR/MS!! (エーアール・マルチプルサヴァイヴ)2巻表紙

作品名 : AR/MS!! (エーアール・マルチプルサヴァイヴ)
ジャンル: 部活×拡張現実×サバゲ―
漫画  : 祐佑
原作  : -
出版社 : 株式会社ジーオーティー
掲載誌 : COMIC MeDu
レーベル: MeDu COMICS
発表期間: 2018年6月~
巻数  : 2
アニメ : -

 AR/MSとは、拳と刀が交差し、魔法と銃弾が飛び交う、拡張現実(AR)サバイバルゲーム!!
 エルフに騎士、侍にミリタリー、変身ヒーロー…etc.ジャンルレスでなりたい姿でバトルすることができる。
 高校に入学した向日葵は、憧れの魔法少女になりきることを夢見て、AR/MS部に入部するのだが……!?
 次世代部活コメディー開幕!!

出典:AR/MS!! (エーアール・マルチプルサヴァイヴ)1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★★☆
 

 ARで様々なコスチューム、武器、効果などを再現し、ごちゃまぜジャンルレスでサバゲ―しようぜ!
体験入部で実力を盛大に過大評価された向日葵ちゃんの奮闘と活躍のお話。
 9~11話とかすごく面白い。向日葵ちゃんの成長とか友達ができたこととか今までの思いが叶う瞬間とかすごくいいです。

Sample

感想

 一言でいうと「好き」!
 自分より先に知っている人がいたらなんで紹介してくれなかったのと呪詛吐きたくなるくらい好き。
 読んだことのない方はぜひ1話を読んでみてください。無料公開されていますので。

 http://www.comic-medu.com/wk/ARMS

ストーリー

 魔法少女ラブリーミリー、普段は内気だけど変身すると強くて華やかで、どんな苦境にだって負けない。そんなラブリーミリーのアニメを小さな頃夢中になって見た主人公・日向向日葵(ひむかいひまわり)。
 小学生の頃にAR/MSのことを知るもショップに入れず、中学生になって部活に入ろうもタイミング悪しく入れず。そうやって高校までAR/MSでミリーに変身したいという思いを拗らせてしまっていた。
 入学した陽原高校(はるはらこうこう)で勇気を振り絞りAR/MS部に体験入部、知り合った朝凪春一(あさなぎはるいち)と空海貞純(からうみていじゅん)と共に楽しくて楽しいAR/MS部の活動が始まった!

 AR/MS(Augmented Reality/Multiple Survive)は拡張現実を利用したサバイバルゲーム。様々なコスチューム、武器、効果などを再現し、ごちゃまぜジャンルレスでサバゲ―しようぜ!

 ストーリーは平たく言えば、体験入部で実力を盛大に過大評価された向日葵ちゃんの奮闘と活躍のお話。
 あまりネタバレしたくないですし、実際に読んで楽しんでいただきたいです。1話を読んで楽しいと思えればその後の話も楽しめます。

 9話、10話、11話とかすごく面白い。向日葵ちゃんの成長だけではなく、向日葵ちゃんと魔法少女友達ができたこと、今までの思いが叶う瞬間とかカタルシス半端ない。ぜひ読んでほしい。
 背景を含め、絵柄も安定して可愛く申し分なし。なお、ヒロインだろうが何だろうが変顔をぶっこんでくる模様。

登場人物

 主要な登場人物は、エンジョイ勢の陽原高校AR/MS部の中でガチ勢(Cチーム)での以下の6人。
 ・日向向日葵
  主人公。一年生。
  魔法少女ラブリーミリーオタ。ラブリーミリーへの愛は他を寄せ付けない。
  運動はほとんどできず、AR/MSもやったことがない内気な少女。
  割と巻き込まれ・勘違いされ体質(?)で実力以上の過大評価を受けるAR/MS部新入部員のやべーやつ1号。他称・炎の魔女。
 
 ・朝凪春一
  一年生。空海貞純と幼なじみ。
  AR/MS経験者。地元ではプレイする場所が少なく、後に出てくる地元ショップ”阿頼耶識”の常連にしごかれてきた少年。
  初心者へのレクチャーなどをしたいためAR/MS部へ。AR/MSでは傭兵装備の近接アタッカー。AR/MS部新入部員のやべーやつ2号。
 
 ・空海貞純
  一年生。朝凪春一と幼なじみ。
  AR/MS経験者。朝凪と共に”阿頼耶識”の常連にしごかれてきた少年。
  サバイバル装備の工兵タクティカル兼コマンダー。見方を味方と思わないAR/MS部新入部員のやべーやつ3号。

 ・鳥甲鶚(とりかぶとみさご)
  三年生。陽原高校AR/MS部部長。
  昨年度地区大会準優勝へ導いた”陽原の戦乙女(ヴァルハラのいくさおとめ、ヴァルキュリア)”。
  剣士装備の近接アタッカー(兼コマンダー)。
  ガチ勢だからと鼻にかけずむしろエンジョイ勢を立てる苦労人。なお思考と戦闘スタイルは猪突猛進。

 ・田中進(たなかすすむ)
  三年生。陽原高校AR/MS部副部長。
  筋骨隆々のディフェンダー。マッチョに騙されてはいけない。
  気づかいのできる大人な方。部長のしりぬぐいなんかも。  

 ・西表庫表(いりおもてくり)
  二年生。昨年度Cチームに残った唯一の一年生。
  魔術師?装備のヒーラー。
  言動と行動が一致していない(たぶんわざと)人。

 話が進行するにつれてどんどん魅力的なキャラが出てきます。
 2巻では”阿頼耶識”の面々が、3巻部分では(以前から登場している)最高にいい女壱岐とか。

設定

 ARを使うということでのファウンデーションスーツの着用や、イクイップメントの装備品回り、アバター選択、カード読み込みなど細かな設定がされていながらも、主人公の体験入部と合わせて説明され、その後もストーリーに合わせて都度説明されるのでわかりやすい。

 本作で好きな設定、かつ作中でも重要な設定が”なりきって楽しんだもの勝ち”というところ。
 一部の魔法やスキルはファウンデーションスーツの首元にあるマイクへの音声入力による声の抑揚や詠唱の正確さ、そのほか動作など、憧れのキャラクターになりきるほど強くなるというのは面白い。魔法はカードの読み込みで発動できるようになっていますが、それもキャラクターのシビアな判定をクリアすればカード無しで発動できるショートカットが用意されているなどにも表れていて良いですね。

 ガチでツッコミを入れるとサバゲ―の得点や体力的なものはどうなってるのとか、魔法の当たり判定やら効果範囲やらいろいろありますが、ストーリーの展開上カットされたりしているものもあるでしょうし、ツッコむのは野暮でしょう。

 考えればその通りなんですが、ジャンルレス・なりきって楽しんだもの勝ち、なんだから戦略的なサバゲ―だけじゃなくて、芸術点とかのあるオンリーイベントとかがあっても不思議じゃない。というかむしろないと不自然。
 現実でもそういったイベントがあるのかもしれませんが、自由というか柔軟なところも素敵です。

オマージュ

 一つ、作品の中#12から、「皇国の守護者」のオマージュを紹介します。
 正直、見比べると絵や台詞は結構違います。でもここを見て皇国の守護者を即連想しました。

AR/MS#12 031-032
出典:AR/MS #12
皇国の守護者1巻144-145
出典:皇国の守護者1巻

 別途書こうと思いますが、状況の描写、ここでは孤立する戦況から始まる朝凪の顔や「コマ割り」が皇国の守護者を想起させており、トレースやパクリとは異なるオマージュが成立していると思われます。
 この場面知ってるでしょとお仕着せがましく見せるのではなく、知らない人でも特に問題はないし知っている人はわかればクスッとなる、そういう組み込み方がうまいなと思うところです。


 他にもHUNTER×HUNTERやらいろいろあるので探しても面白いですね。

AR/MS!!#10 002
出典:AR/MS #10
HUNTER×HUNTER17巻010
出典:HUNTER×HUNTER17巻
AR/MS!!#12 008
出典:AR/MS #12
ペンギンコラ

ペンギンコラの大元は産経フォトのドキュメント南極観測
https://www.sankei.com/photo/story/news/120619/sty1206190001-n1.html

#14

 ちょっと違う意味でドキドキしてしまいました。
 2巻の最後の次巻予告でインターハイの予選開始が言われてるし、#14で話のペース上がったから打ち切られるのかと…。

 杞憂でよかった。
 インターハイ開始までの部活での練習は方針を示す形でダイジェスト、インターハイでの試合中で使う戦術の中で回想するためですね、きっと。

 AR/MS開発主任とかインパクトすごいし(パトレイバーの後藤に似てる気がしなくもない)、”阿頼耶識”で出てきていなかったもう一人が登場して盛大に伏線まき散らしていくし、ワクワク感すごいわ。

 11話の向日葵ちゃんの最大火力を「ロマン職の醍醐味を最大限体現」で説明し、下手に調整しない運営は、”なりきって楽しんだもの勝ち”という設定と運営方針と相まって、「このゲームやりたい」感にさせてくれてすごくいいです。

 最高にいい女壱岐も相変わらずのファインプレーで好感度上がりまくりですよ。

 次の話が、次の巻が待ち遠しい…

 

余談

 紙媒体のコミックスが売ってない。本当に売ってない。全然置いてない。辛い。
 コミックスがないと無料公開されている話と話の間がなくて読めないし、辛い。
 公開されてる話数もたまってきてそろそろ新刊発売かな、早く出ないかな。

作者・書籍関連

 祐佑さん
 https://twitter.com/yuuyuuyuuyuu


 全巻買うなら「漫画全巻ドットコム」がおすすめ!
 紙書籍でクリアカバーを無料で付けられます!

紙書籍版

電子書籍版

 電子書籍はebookjapanがおすすめ!

電子書籍版(2巻)

電子書籍版(1巻)


-漫画感想
-, , ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5