漫画感想

【感想】宇宙人ムームー(~2巻まで)

2021年2月5日

 家電が好きな方におすすめ。

基礎情報

宇宙人ムームー2巻表紙
出典:宇宙人ムームー2巻表紙

作品名 : 宇宙人ムームー
ジャンル: 日常系(家電)
漫画  : 宮下裕樹
原作  : -
出版社 : 少年画報社
掲載誌 : ヤングキングアワーズ
レーベル: YKコミックス
発表期間: 2019年8月~
巻数  : 2
アニメ : -

 内戦で母星の科学を全滅させ、バカのみが生き残ってしまった宇宙人ノムームーたち。
 彼らが遺した高度なテクノロジーを理解するため、文明レベルの低い地球に潜入し、技術の全てが詰め込まれた「家電」を通じて、一から勉強し直そうと試みるが?
 潜入先として選ばれた女子大生・桜子の波乱のキャンパスライフ開始!!

出典:宇宙人ムームー1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 アホな宇宙人がロストテクノロジーを復活させるために地球の女子大学生の家にミサイルごと突っ込んで上京したての奥手な女子大学生と怪しいサークルで家電を直すお話。
 何気に進む、天空橋と花月との話が割と好きです。
 

Sample

主な登場人物

・梅屋敷桜子(うめやしきさくらこ)
 主人公。大学1年生。文学部。
 引っ込み思案で雪国出身

・ムームー
 惑星間航行できる宇宙人の生き残り。
 猫の姿をしている。
 だいぶバカ。

・天空橋渡(てんくうばしわたる)
 工学部。
 人類再生研究会会長。
 家電を直して生計を立てている(?)変態先輩。
 
・花月園子
 去年の京急大ミスコン優勝者。
 

あらすじ

 惑星間航行ができるほどの知識や技術を持った宇宙人。
 彼らの星で起きた戦争は長く凄惨を極めた。
 戦争の終結を急いだ結果お互いの陣営の技術者や知識人を暗殺し、双方のテクノロジーバンクを破壊。
 結果バカだけが残った。

 残されたなんとなく使い方のわかる超文明の遺産を食いつぶしながら、比較的文明レベルの近い地球で理解可能な段階から技術を学び直すために、ムームーたちは地球へやって来た。

 やって来た宇宙船は賃貸アパートにつっこみ、そこに住むことになっていた主人公・桜子を巻き込んでいく。
 彼らは手始めにふさわしいと技術を馬鹿でも使えるように落とし込んだ家庭用電気器具、いわゆる家電に目をつけ、それらを解析、理解しようとする。

感想

 2巻では炊飯器やタコ焼き機、電源コンセント、ゲーム機、体温計などが紹介されます。
 電源コンセントのはなし、松下の津工場好きすぎでしょ。

宇宙人ムームー2巻141
出典:宇宙人ムームー2巻

 何気に進む、天空橋と花月との話が割と好きです。
 想い人の名前は誰なんでしょうね(すっとぼけ)

前巻までの感想

作者・書籍関連

 宮下裕樹さん
 https://twitter.com/miyasita_hiroki


 電子書籍はebookjapanもおすすめ!

電子書籍版(2巻)

電子書籍版(1巻)


(作者関連)リュウマのガゴウ

紙書籍版

電子書籍版


(内容関連)でじぱら

紙書籍版


(内容関連)ああっ女神さまっ

紙書籍版

電子書籍版


-漫画感想
-, , , ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5