漫画感想

【感想】ダンダダン(1巻)

2021年8月11日

 オカルト・バトルものが好きな方なら面白いかもしれない。

基礎情報

ダンダダン1巻表紙
出典:ダンダダン1巻表紙

作品名 : ダンダダン
ジャンル: 怪奇恋愛異譚
漫画  : 龍幸伸
原作  : -
出版社 : 株式会社集英社
掲載誌 : 少年ジャンプ+
レーベル: ジャンプコミックス
発表期間: 2021年918号~
巻数  : 1
アニメ : -

 幽霊肯定派の女子高生・綾瀬桃と、同級生の怪奇現象オタク・オカルト君。
 互いに否定するUFOと怪異を信じさせるため、桃はUFOスポットの病院廃墟へ、オカルト君は心霊スポットのトンネルへ行くのだが…。
 運命の恋が始まる!?
 オカルティック怪奇バトル開幕!

出典:ダンダダン1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★☆☆☆
 オカルト×バトル×アクション×ラブコメ×青春
 盛りすぎというか多少入ってる要素も前面に押し出しました感が。
 バトルのアクションはスピード感や迫力があっていいですね。
 ただ、オカルトに詳しくないので敵の弱点がわからないのがなんとももどかしいですが。
 フラッドウッズモンスターは相撲取りなんですか? 

Sample

主な登場人物

・高倉健
 主人公。オカルト君。
 オカルト・怪奇現象オタク。
 綾瀬のいう幽霊を否定しようとしてターボババアに憑りつかれる。

・綾瀬桃(あやせもも)
 ヒロイン。
 祖母が霊媒師で幽霊は信じているがオカルトは信じていない。
 廃病院でアブダクション(?)される。

あらすじ

 オカルトオタクの主人公・高倉健。
 クラスでハブられていたところを初彼氏と別れてイライラしている綾瀬桃に助けられる。

 綾瀬桃にオカルトの話をしたところ彼女は全く信じておらず、反対に彼女の言う幽霊を主人公は信じていなかった。
 自分たちの主張を信じさせるために、主人公は心霊スポットに、綾瀬桃は廃病院へと向かう。

 そこで出会ったのは、ターボババアとセルポ星人だった。

感想

 オカルト×バトル×アクション×ラブコメ×青春 全部盛りMORIとの帯のアオリ。
 盛りすぎというか多少入ってる要素も前面に押し出しました感が。

 バトルのアクションはスピード感や迫力があっていいですね。
 ただ、オカルトに詳しくないので敵の弱点がわからないのがなんとももどかしいですが。
 フラッドウッズモンスターは相撲取りなんですか? 

 ラブコメ、青春要素はこれから出てくるんだと思います。

 話のテンポや絵柄、背景の描き込みは良く読みやすいです。

作者・書籍関連

 龍幸伸さん
 https://twitter.com/TatuYukinobu
 
 


 電子書籍はebookjapanがおすすめ!

電子書籍版


-漫画感想
-,

Copyright 2020-2021 その漫画面白かった? All Rights Reserved.