漫画感想

【感想】いいからしばらく黙ってろ!(1巻)

2021年2月24日

 劇団が好きな方におすすめ。

基礎情報

いいからしばらく黙ってろ!1巻表紙
出典:いいからしばらく黙ってろ!1巻表紙

作品名 : いいからしばらく黙ってろ!
ジャンル: ノンストップ&ハイスピード劇薬ストーリー
漫画  : くまぞう
原作  : 竹宮ゆゆ子
出版社 : 株式会社KADOKAWA
掲載誌 : COMIC BRIDGE
レーベル: BRIDGE COMICS
発表期間: 2020年8月~
巻数  : 1
状態  : 連載中
アニメ : -

 大学卒業直後に、婚約者も、就職先も、住む場所もなくしてしまった龍岡富士。
 絶望の渦中にいる彼女が出会ったのは、社会のはみ出し者が集う弱小劇団で―――。
 背に腹は代えられぬ、私はここで生き抜くの!
 ノンストップ&ハイスピード!
 青春劇薬ストーリー開幕!

出典:いいからしばらく黙ってろ!裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 大変なことになっている主人公の状況から、観劇、観劇でのアクシデント、劇団への入団とすごいスピードで展開していきます。
 コミックス1巻では主人公の最悪な状況からの脱出と心機一転劇団への入団が描かれますが、今後どういう方向に進むのかわからないのが楽しみです。
 キャラの表情や状況がわかりやすく、ストーリーの展開の速さを邪魔せず大変読みやすいです。


 

Sample

主な登場人物

・龍岡富士(たつおかふじ)
 主人公。
 大学在学中にお見合い、結婚も就職先も決まっていたが、卒業直後に全てご破算になり絶望に暮れていた。
 そんな中出会った弱小劇団の公演に心突き動かされる。

・須藤淳之介(すどうじゅんのすけ)
 大学二年生の時に知り合う。
 「クリーマー」という劇団の活動に専念するために大学をやめて以来音信不通だった。

・蟹江亮(かにえりょう)
 劇団「バーバリアン・スキル」のメンバー

・南野正午(みなみのしょうご)
 劇団「バーバリアン・スキル」主宰。
 南野内臓助(みなみのもつのすけ)という芸名を学生時代に使っていため、モツと呼ばれる。

あらすじ

 大学在学中に親の会社に勤める会社員とお見合いをし、婚約。自身もその会社に勤めることになっていた。
 しかし、婚約者からは「結婚は愛する人とするべきです」と言われ婚約を破棄。
 その責任を取って会社を辞める言いだした彼を親が引き留める。

 その帳尻合わせは主人公・龍岡富士に全て回ってきた。
 婚約はなくなり、元婚約者と同じ職場ではたらくことは許されず、別の就職先を探すには遅すぎた。

 そうしている中大学を卒業、絶望の中参加した飲み会では愚痴っても逆に叩かれてしまう。
 トイレで見つけた劇団の演劇のチラシ。
 どこかで聞いたことのあるその名前に、呼ばれるように見に行った。

 廃墟のような小劇場で行われる演劇から彼女の人生が変わっていく。

感想

 割と大変なことになっている主人公の状況から、観劇、観劇でのアクシデント、劇団への入団とすごいスピードで展開していきます。
 
 キャラの表情や状況がわかりやすく、ストーリーの展開の速さを邪魔せず大変読みやすいです。

 コミックス1巻では主人公の最悪な状況からの脱出と心機一転劇団への入団が描かれますが、今後どういう方向に進むのかわからないのが楽しみです。

 「いいからしばらく黙ってろ!」はまくし立てるように怒涛の展開を見せる作中のキャラに対してなんでしょうかね?

 

作者・書籍関連

 くまぞうさん
 https://twitter.com/kmz_sasshi


 電子書籍はebookjapanがおすすめ!

電子書籍版


-漫画感想
-, ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5