漫画感想

【感想】湯沸かし勇者の復讐譚~水をお湯にすることしか出来ない勇者だけど、すべてを奪ったお前らを殺すにはこいつで十分だ~(~2巻まで)

2021年2月7日

 ダークファンタジーが好きな方におすすめ。

基礎情報

湯沸かし勇者の復讐譚~水をお湯にすることしか出来ない勇者だけど、すべてを奪ったお前らを殺すにはこいつで十分だ~2巻表紙
出典:湯沸かし勇者の復讐譚~水をお湯にすることしか出来ない勇者だけど、すべてを奪ったお前らを殺すにはこいつで十分だ~2巻表紙

作品名 : 湯沸かし勇者の復讐譚~水をお湯にすることしか出来ない勇者だけど、すべてを奪ったお前らを殺すにはこいつで十分だ~
ジャンル: 異世界ダークファンタジー
漫画  : 織
原作  : のんB
出版社 : 株式会社スクウェア・エニックス
掲載誌 : マンガUP!
レーベル: ガンガンコミックスUP!
発表期間: 2020年1月~
巻数  : 2
状態  : 連載中
アニメ : -

 勇者に選ばれたのは、ごく普通の村娘キリエ。
 彼女の【ギフト】は、水を沸騰させてお湯に変える、ただそれだけのものだった。
 彼女の能力に落胆した王は、次の勇者に【ギフト】を授けるためキリエを殺すことを命令する。
 家族、友人を殺され、追い詰められたキリエはこの能力の使い方を知る!!

出典:湯沸かし勇者の復讐譚~水をお湯にすることしか出来ない勇者だけど、すべてを奪ったお前らを殺すにはこいつで十分だ~1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 2巻ではアクションシーンは少なめで、ストーリーの展開が主。
 途中、女性近衛騎士イーリア・ユリシーズが登場します。
 今回は彼女の紹介程度ですが、彼女とキリエが対峙するのであればとても楽しみです。

Sample

主な登場人物

・キリエ・ミナレット
 主人公。
 普通の村すめだったが、勇者の「ギフト」を授かった。
 【沸騰】のギフトを持つ。

・ベアト
 奴隷として囚われているところをキリエが救出した。
 話すことはできないが、文字の読み書き、治癒魔法ができる。

・ジョアナ
 情報屋。
 カロン将軍暗殺時にキリエに共闘関係を持ち掛ける。
 
・バルジ・リターナー
 レジスタンスのリーダー。
 キリエたちが彼の家に隠れ住ませてもらう代わりにはたらくことに。
 

あらすじ

 勇者に選ばれたのは、ごく普通の村娘で主人公のキリエ。勇者に与えられる「ギフト」、彼女に与えられたのは水を沸騰させてお湯に変える【沸騰】だった。
 彼女の能力に落胆した王は、次の勇者に「ギフト」を授けるためキリエを含む村人丸ごとを殺すことを命令する。

 家族、友人を殺され復讐を誓うキリエ。
 村の強襲について口外しないよう念押ししていたカロン将軍を暗殺。
 その際に屋敷に幽閉されていた少女を助け出す。

 助けた少女は喋ることこそできないものの、文字の読み書きや治癒魔法も使用することができる。
 彼女と共にレジスタンスのリーダーの家に隠れ住むこととなったキリエは、表向きにはリーダーの営む店の店員として働くことになる。

 一方で「用済みと捨てられた勇者」としてレジスタンスの大義名分として、また復讐のため戦い方を教わる。
 そして国王派を打つ機会が巡ってくる。

感想

 2巻ではアクションシーンは少なめで、主人公の拠点、ベアトの能力、国王にキリエが生きていることが知れるなど、ストーリーの展開が主。

 魔法は名前があるとイメージしやすい→「破砕(ブラスト)」という名前を付けてみた→4ページ後で「砕け散れっ!」
 「破砕」は何処に行ったんですかね。
 
 

湯沸かし勇者の復讐譚~水をお湯にすることしか出来ない勇者だけど、すべてを奪ったお前らを殺すにはこいつで十分だ~2巻099
出典:湯沸かし勇者の復讐譚~水をお湯にすることしか出来ない勇者だけど、すべてを奪ったお前らを殺すにはこいつで十分だ~2巻

 途中、女性近衛騎士イーリア・ユリシーズが登場します。
 今回は彼女の紹介程度ですが、彼女とキリエが対峙するのであればとても楽しみです。

前巻までの感想

作者・書籍関連

 原作者 のんBさん
 https://twitter.com/nonn_bee


 電子書籍はebookjapanもおすすめ!

電子書籍版(2巻)

電子書籍版(1巻)


-漫画感想
-,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5