漫画感想

【感想】友達として大好き(1巻)

2020年11月7日

 友達が欲しいと思ったことがある方におすすめ。

基礎情報

友達として大好き1巻表紙
出典:友達として大好き1巻表紙

作品名 : 友達として大好き
ジャンル: ヒューマンドラマ
漫画  : ゆうち巳くみ
原作  : -
出版社 : 株式会社講談社
掲載誌 : アフタヌーン
レーベル: アフタヌーンKC
発表期間: 2020年3月号~
巻数  : 1
アニメ : -

 これはクラスで浮きまくっている一人のギャルが、校則を順守する超マジメ生徒会長の本当の「友達」を目指す物語。

出典:友達として大好き1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 バカなギャルがお堅い生徒会長と友達になろうとするお話。
 主人公の櫨沙愛子が序盤本当に話通じてなくてうざいんですが、1巻読み終わる頃には結構好きになってくる。
 この子たぶん本当に友達が欲しいんだと思う。

Sample

主な登場人物

 ・櫨沙愛子
  たぶん主人公。あらすじで主語だし。
  思考がだいぶ性欲より。勉強とか考えたりするのは苦手でおバカ。
  校内で有名になるほど性悪、男を寝取るみたいに言われている。

 ・高敷結糸(たかしきゆいと)
  校則を順守する生徒会長。主人公かはわからないけど物語の視点は基本こちら。
  根はいいやつ、というか全く悪いことはしていない。家庭(兄)に少し事情がある。
  校内では女子に人気があるっぽい。

あらすじ

 主人公の櫨沙愛子(はせさなこ)が、男の子と仲良くなろうとしたらその子の彼女から水かけられて追い回されて逃げ込んだ部屋にいた高敷結糸(たかしきゆいと)と出会う。
 (同性も含めて)付き合いが長続きしないと思っていたところ、彼なら、彼となら友達になれるかもしれない。彼は校則や規則を守っている、規則を守ることで友達になれるなら、その規則を教えてほしい。
 そうやってバカなギャルがお堅い生徒会長と友達になろうとするお話。

 主人公の櫨ちゃんが序盤本当に話通じてなくてうざいんですが、読んでいくとそれが悪気があるわけではなく、何も感じ取れていないわけでもなく、ただ知らない、わからないだけなんじゃないかというのが見えてきます。
 高敷が「規則」を作れば守るし、言われたことに素直に従おうとする。全く考えてないわけではなく変にさえてるところがあるし、良くも悪くも思ったことを言えるところもあり、1巻読み終わる頃には結構好きになってくる。

友達として大好き1巻192
出典:友達として大好き1巻


 副生徒会長に立候補して決意表明の文章を考える櫨ちゃん、一晩以上考えて出たのは「明日 お友達ができるかもしれないからです」。
 彼女の本心で、本当に願っていることを余さず表しているのがいいですね。何より彼女らしいのがとても好感が持てます。
 結局決意表明としてはあれなので修正が入り、別の原稿になったようですが、そこから演説、7話の中盤あたりとか、主人公のいいところがいい形で出ててすごくいいと思います。

 絵柄はめちゃくちゃ綺麗というわけでなく、かといって下手でもなく、良い意味で不思議なところで安定しています。1話も読めば慣れるし、漫画として読みやすいと思います。

感想

 一行のあらすじでほぼ伝わるの凄い。
 書店に平積みされていて、気になっていたんですが、買ってよかった。
 3話くらいまで主人公うざいわー、話通じないわー、これ読み進めるのつらくない?って感じがしてました。
 3話終盤あたりから、特に5話後半あたりから急に引き込まれてびっくりした。

作者・書籍関連

 ゆうち巳くみさん
 https://twitter.com/yuchimikumi


 電子書籍はebookjapanがおすすめ!

電子書籍版


-漫画感想
-

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5