漫画感想

【感想】はるかなレシーブ(10巻完結)

2020年10月28日

 スポーツ漫画を読みたい方におすすめ。
 ビーチバレーを通じた彼女たちの青春漫画。

基礎情報

はるかなレシーブ10巻表紙
出典:はるかなレシーブ10巻表紙

作品名 : はるかなレシーブ
ジャンル: スポーツ(ビーチバレー)
漫画  : 如意自在
原作  : -
出版社 : 株式会社講芳文社
掲載誌 : まんがタイムきららフォワード
レーベル: MANGA TIME KR COMICS
発表期間: 2015年10月号~2020年11月号
巻数  : 10
アニメ : 2018年7月~2018年9月

 高い身長がコンプレックスのはるか。 身長が伸び悩みビーチバレーを諦めたかなた。
 沖縄の地でビーチバレーのペアを組むことになった凸凹な二人の少女が、呼吸を合わせ砂浜を翔ぶ――!!
 ほとばしる ビーチバレー少女達の青春、待望の第1巻!!

出典:はるかなレシーブ1巻紹介文

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 スポーツが、ビーチバレーが、彼女たちを引き合わせてくれた。
 引っ込み思案だった彼女が、友達のいなかった彼女が、ビーチバレーに出会ってかけがえのない一人を選べた。
 百合漫画の皮をかぶったスポーツ漫画。

Sample

感想

 スポーツが、ビーチバレーが、彼女たちを引き合わせてくれた。
 引っ込み思案だった彼女が、友達のいなかった彼女が、ビーチバレーに出会ってかけがえのない一人を選んだ。
 百合漫画の皮をかぶったスポーツ漫画。きららフォワードはこの路線でいった方が良いのでほうと思うほど。

 身長が高いことが若干気になるかなたちゃんが、親戚を頼って東京から沖縄に引っ越してきて、かなたちゃんと暮らすことに。かなたちゃんとかつてのパートナー成美とのちょっとしたドロドロを交えつつビーチバレーと向き合っていく。

 弱点や欠点を分析して補ったり、パートナーを信じて、パートナーなら試合の相手ならどう動くのかといった描写をしながら進めていくのは、スポーツ漫画の醍醐味ですかね。
 二人一組のビーチバレーなので、スポーツ漫画にしては登場人物少なめですが、かえって一人一人のキャラクターを掘り下げやすかったのかもしれません。
 主人公達「はるかな」ペアも好きでしたが、「エクレア」ペアや大城ちゃんの話も好きです。

 本作は10巻、ワルキューレカップ(全国編)で「はるかな」ペアと因縁の「なるあや」ペアとの試合までを描いて完結となりました。
 表紙を1巻と10巻で対比されていたりナレーションを最初と最後を同じにするはずるいですね、いいなと思ってしまいます。

はるかなレシーブ1巻004
出典:はるかなレシーブ1巻
はるかなレシーブ10巻170
出典:はるかなレシーブ10巻

 2015年からの連載で結構絵柄が変わっていっています。
 作中でも1年以上経過していますが、それにしてもはるかちゃんもかなたちゃんもガタイ良くなったなぁ…

余談

 単行本の最初のカラーページ、パートナーへのサインになぞらえて巻数を指で表していたんですが、11巻以上になったらどうするのかと思ったら10巻で完結させましたね。もしかしたら最初からそのつもりだったのかもしれません。

はるかなレシーブ1巻001
出典:はるかなレシーブ1巻
はるかなレシーブ10巻001
出典:はるかなレシーブ10巻

書籍関連

 如意自在さん
 https://twitter.com/nyoi_jizai


 電子書籍はebookjapanもおすすめ!

電子書籍版(10巻)

電子書籍版(1巻)


-漫画感想
-, , , ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5