漫画感想

【感想】ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!(1巻)

2020年12月20日

 かつて大運動会を見ていた方におすすめ。

基礎情報

ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!1巻表紙
出典:ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!1巻表紙

作品名 : ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!
ジャンル: スポーツ
漫画  : 高遠るい
原案  : バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!製作委員会
出版社 : 株式会社実業之日本社
掲載誌 : COMIC ジャルダン
レーベル: Jardin COMICS
発表期間:
巻数  : 1
状態  : 連載中→完結
アニメ : 2021年4月~

 太陽系全域のスポーツエリートが、宇宙撫子(コスモビューティー)の称号を目指し白熱のバトルを繰り広げる、史上最高最大のSFスポーツアクション!
 90年代に各種メディアを席巻した「バトルアスリーテス大運動会」が完全オリジナルコミックで復活!!

出典:ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス 大運動会ReSTART!1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★☆☆☆
 本作は1997年に放送された初代アニメの約100年後の話で、2021年4月から放送開始のテレビアニメ バトルアスリーテス大運動会ReSTART!の少し前の話のよう。
 大運動会の世界観、かつて大運動会に出ていた者の子孫が出ているが、ストーリー自体は単純明快な王道スポーツもの。
 スポーツの種目は大運動会らしい感じがしていいですね。

Sample

感想

 人類が太陽系全域に版図を広げ、科学文明の頂点に達していた。
 しかし人々は人間性への回帰を求め人体の可能性を追求し、年に一度各惑星から選ばれたエリートたちが熱戦を繰り広げる”大運動会”を開催していた。
 西暦5100年、今年もまた熱い大運動会が始まる!

 主人公ピカリ・ロックランドが地球上空にそびえる超巨大宇宙ステーション大学衛星で、宇宙撫子(コスモビューティー)を目指す物語。

 1997年~1998年にメディアミックス企画された作品。アニメが有名かと思いますが漫画版もあります。
 本作は初代アニメの約100年後の話で、2021年4月から放送開始のテレビアニメ バトルアスリーテス大運動会ReSTART!の少し前の話のよう(アニメ版バトルアスリーテス大運動会ReSTART!では作中で神・大運動会になっているので)。

 歴代の宇宙撫子(コスモビューティー)に神崎あかりが描写されたところでもう懐かしさが半端なかった。
 柳田やロックランドとか、校長に至ってはそのまま出てて懐かしさを通りこして笑いしか出ない。壮健そうで何より。

 大運動会の世界観、かつて大運動会に出ていた者の子孫が出ているが、ストーリー自体は単純明快な王道スポーツもの。
 スポーツの種目は大運動会らしい感じがしていいですね。

 漫画は高遠るいさん。はぐれアイドル地獄変も連載してるのに…。

追記

 2021.04.15発売の2巻で完結となりました。

作者・書籍関連


 電子書籍はebookjapanもおすすめ!

電子書籍版(1巻)


(作者関連)はぐれアイドル地獄変

紙書籍版

電子書籍版


-漫画感想
-

Copyright 2020-2021 その漫画面白かった? All Rights Reserved.