擬人化

やきもんロワイヤル2巻表紙

漫画感想

【感想】やきもんロワイヤル(2巻完結)

2021/8/29    , , ,

おすすめ度:★★★☆☆
 メインキャラクターの伊万里、九谷、備前、美濃がそれぞれ表紙を飾ってほしかった…。
 種類が多くてどんどん細分化された「焼器霊」が出てきたあたりから雲行き怪しかったです。
 擬人化してわかりやすくて面白いと思ったんですが、焼物とっつきにくかったんかなぁ。

はたらく細胞BLACK8巻表紙

漫画感想

【感想】はたらく細胞BLACK(8巻完結)

おすすめ度:★★★☆☆
 はたらく細胞のスピンオフ作品。
 大人になって飲酒や喫煙、仕事のストレスなどから胃潰瘍や睡眠不足、様々なことが体に影響してきます。
 それに伴って体の中ではたらく細胞の労働環境もBLACKに。

はたらく細胞6巻表紙

漫画感想

【感想】はたらく細胞(6巻完結)

おすすめ度:★★★☆☆
 2017年に発行された5巻から約3年半を経て最終巻6巻が発行されました。 細胞を擬人化して親しみやすくわかりやすくしていることもあり、シリーズが多く出ています。
 6巻ではiPS細胞や新型コロナウイルスの話もあります。
 6巻で最終巻とのことですが、終わった感じが全くないのでびっくりしました。

はたらく血小板ちゃん3巻表紙

漫画感想

【感想】はたらく血小板ちゃん(~3巻まで)

2021/4/29    ,

おすすめ度:★★☆☆☆
 はたらく細胞シリーズに登場する血小板の擬人化キャラ、血小板ちゃんのスピンオフ作品。
 可愛くあどけない血小板ちゃんたちの微笑ましい日常を4コマチックに描いています。
 血小板のリーダーちゃんが時たま放つ職人や熟達を彷彿とさせる言い回しは恐ろしさを感じます。

やきもんロワイヤル1巻表紙

漫画感想

【感想】やきもんロワイヤル(1巻)

2021/8/29    , ,

おすすめ度:★★★☆☆
 焼物博物館の店長代理をさせられることになった主人公炎堂が、焼物博物館を盛り上げようと焼器霊(やきもん)達と繰り広げる日常コメディ。
 それぞれの焼物の個性に応じた焼器霊は説明を分かりやすく、イメージを掴みやすくしており、何よりキャラクターが立っていて面白い。

Copyright 2020-2021 その漫画面白かった? All Rights Reserved.