漫画感想

【感想】あさひなぐ(34巻完結)

2020年10月7日

 女子薙刀部の、彼女たちの青春の漫画

基礎情報

あさひなぐ34巻表紙
出典:あさひなぐ34巻表紙

作品名 : あさひなぐ
ジャンル: スポーツ,薙刀
漫画  : こざき亜依
原作  : -
出版社 : 株式会社小学館
掲載誌 : 週間ビッグコミックスピリッツ
レーベル: ビッグコミックス
発表期間: 2011年1月~2020年9月
巻数  : 34
アニメ : -

 二ツ坂高校一年、東島旭(とうじま・あさひ)、15歳。
 中学までは美術部だった旭は、「薙刀は高校部活会のアメリカンドリーム!スポーツに縁のなかった人間でも全国にその名を轟かすことができる」といううたい文句に感激し、薙刀部に入部する。旭と仲間達”なぎなたガールズ”の強く!楽しく!!美しい!!!物語が始まる―――

出典:あさひなぐ1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 9年半に及ぶ週間連載お疲れさまでした。
 才能があるとは言えない、平凡、普通、血筋も家庭も特殊でない本当にごく一般人の主人公東島旭が薙刀で青春をするお話。
 彼女たちのキャラクター、関係性、時間とともに状況とともに変わっていく心情を丁寧に描いていたからこそ揺り動かされます。

Sample

感想

 まずは9年半に及ぶ週間連載お疲れさまでした。

 才能があるとは言えない、平凡、普通、血筋も家庭も特殊でない本当にごく一般人の主人公東島旭が薙刀で青春をするお話。

 一言でいうのは簡単ですが、9年半の連載、34巻のコミックスには彼女の、彼女たちの友情、努力、勝利、嫉妬、羨望、憤怒、侮蔑、自重、誇張、思いやり、応援、試合になれば一挙手一投足のみならず面越しの視線や表情まで、ありとあらゆるものが詰まったまさに彼女たちの青春の物語でとてもとてもまとめ切れません。
 (コミックス派ですが)リアルタイムで追っていて、旭に同情したことも共感したことも応援したことも泣いたことだってあります。それほどに彼女たちのキャラクター、関係性、時間とともに状況とともに変わっていく心情を丁寧に描いていたからこそ揺り動かされたんだと思います。

 結末は、というかストーリーはぜひ最初から読んでいただきたいです。

あさひなぐ2巻031
出典:あさひなぐ2巻
あさひなぐ2巻030
出典:あさひなぐ2巻
あさひなぐ34巻157
出典:あさひなぐ34巻
あさひなぐ34巻156
出典:あさひなぐ34巻

 私としては、基礎に忠実、練習を愚直に、教わったことを確実に、ただそれだけなのに、できないことのほうが多くて、かっこ悪い癖にそれをやる旭に嫉妬にも似た羨望を抱いているように思います。
 作者のあとがきにあった、最後の言葉をきっと読者みんなが思ったのではないでしょうか。

  「あなたのようになりたかった」
  旭が真春に向けた言葉は、そのまま私から旭への言葉です。

 

作者・書籍関連


 電子書籍はebookjapanがおすすめ!

電子書籍版(34巻)

電子書籍版(1巻)


-漫画感想
-, , ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5