漫画感想

【感想】永世乙女の戦い方(~3巻まで)

2020年9月1日

基礎情報

永世乙女の戦い方3巻表紙
出典:永世乙女の戦い方3巻表紙

作品名 : 永世乙女の戦い方
ジャンル: 女子高生×将棋
漫画  : くずしろ
原作  : -
出版社 : 株式会社小学館
掲載誌 : ビッグコミックスペリオール
レーベル: ビッグコミックス
発表期間: 2019年第10号~
巻数  : 3
アニメ : -

 こんな切ない戦いがあるのか―――
 獰猛で冷徹な勝負師の顔で相手を屠り、あどけない笑顔で観る者を魅了する。
 盤上を舞う女神(ヴァルキリー)の戦いが始まる―――

出典:永世乙女の戦い方1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★★☆
 主人公早乙女香は女流七棋戦全タイトル保持者の最強女流棋士天野香織との対局を目指し女流棋士になり、その成長、対局者の思惑やそれぞれの想いなどが紡ぐ物語はたまらなく面白いです。
 3巻では主人公の憧れである天野香織と主人公の師匠四条先生との対局がメインで、対局中に語られる天野香織は2巻までからの想像の上をいくウザさと人間らしさです。

Sample

感想

 棋士には女性がいないそうです。2020年3月に西山朋佳三段が史上初の女性棋士になるかと話題にもなりました。
 この作品は将棋の漫画なんだと思いますが、将棋を通じた女性の生き方の漫画なんだとも思います。

 主人公早乙女香(さおとめこう)は初めて将棋を教わった天野香織(あまのかおり)との対局を目指し女流棋士になりますが、女流棋士になる頃には天野香織は女流七棋戦全タイトル保持者の最強女流棋士になっていました。
 それでも天野香織との対局を目指す早乙女の成長、対局者の思惑やそれぞれの想いなどが紡ぐ物語はたまらなく面白いです。

 3巻では主人公の憧れである天野香織と主人公の師匠四条先生との対局をメインに、主人公と姉弟子亜久原初音(あくはらはつね)の対局が見られます。対局の中で語られる天野香織は2巻までからの想像を上をいくウザさと人間らしさです。

永世乙女の戦い方3巻171
出典:永世乙女の戦い方3巻
永世乙女の戦い方3巻170
出典:永世乙女の戦い方3巻

 
 主人公と姉弟子亜久原との対局、自身の実力を自身が一番知っていると”利口”だった亜久原が勝てないと絶望し諦めかけた中、今までと変わった主人公、”亜久原”を向いて対局している主人公を見てイラつき、葛藤しもがいて粘って戦う姿がとてもカッコイイです。

余談

 面白いのに買えない、読めないのはつれーよ。本屋さん、置いておいてくれよ。

作者・書籍関連

 くずしろさん
 https://twitter.com/kuzushiro


 電子書籍はebookjapanもおすすめ!

電子書籍版(3巻)

電子書籍版(1巻)


(作品関連)笑顔のたえない職場です。

電子書籍版(1巻)


-漫画感想
-,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5