漫画感想

【感想】恋獄島~極地恋愛~(1巻)

2021年6月3日

 サバイバルが好きな方におすすめ。

基礎情報

恋獄島~極地恋愛~1巻表紙
出典:恋獄島~極地恋愛~1巻表紙

作品名 : 恋獄島~極地恋愛~
ジャンル: サバイバル
漫画  : 九部玖凛
原作  : 七色春日
出版社 : 株式会社キルタイムコミュニケーション
掲載誌 : コミックヴァルキリーWEB版
レーベル: ヴァルキリーコミックス
発表期間: Vol.88~
巻数  : 1
アニメ : -

 乗り合わせた船が沈み、南海の孤島に流れ着いた二人の男と三人の女。
 漂流者たちは各々の方法で必死に生き残るすべを探す。
 交差する思惑と愛憎、信頼と裏切り。
 抑えきれない性欲、そして殺意。
 極限状態に陥った時、人間のエゴイズムが醜くも美しく露となる!?

出典:恋獄島~極地恋愛~1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 サバイバルもの。
 男女でサバイバル生活となるともめる。
 ただでさえ複数人でのサバイバル生活なんてもめるのに。 
 題材とあっているというのもあるかもしれませんが、高い画力で肉感的に描かれる部分もあるのにストーリーを邪魔しすぎないのはすごいですね。

Sample

主な登場人物

・朝内広人(あさうちひろと)
 主人公。男性。18歳。
 卒業旅行でサイパン行きの船に乗っていたところ難破。
 南海の孤島でサバイバルすることになる。

・唐宮丈(からみやじょう)
 男性。18歳。
 主人公とともに卒業旅行のため船に乗っていた。
 サッカー推薦で大学に受かったので主人公を卒業旅行に誘った。
 
・灯向赤音(ひむかいあかね)
 女性。17歳。
 男女で孤島での生活の境界線を提案。

・荒神美菜(あらかみみな)
 女性。16歳。
 予備の救命ボートに最後に乗った少女。
 レンジャーの父を持ちサバイバル知識がある。

・氷上ルナ(ひかみるな)
 女性。21歳。
 同伴していた男性は行方不明。
 ホステスの経験あり。

あらすじ

 友人の唐宮丈に卒業旅行に誘われた主人公・朝内広人。
 サイパン行きへの船旅の最中に船は難破。
 何とか予備の救命ボートで逃げのびるも、南海の孤島にたどり着く。

 孤島にたどり着いたのは主人公達2人と女性3人の合わせて5人。
 すぐには来ないであろう救助を待ちながらサバイバル生活が始まる。

 見つけた食糧の配分や水の確保、生活圏などでもめながらも生活をしていくが、彼ら以外の人影が。
 

感想

 サバイバルもの。
 男女でサバイバル生活となるともめる。
 ただでさえ複数人でのサバイバル生活なんてもめるのに。 

恋獄島~極地恋愛~1巻100
出典:恋獄島~極地恋愛~1巻

 自分の作ったルールで自縄自縛というか揚げ足とられるとか怖いですね。

 高い画力で肉感的に描かれる部分もありますが、ストーリーを邪魔しすぎないのはすごいですね。
 題材とあっているというのもあるかもしれません。

作者・書籍関連

 九部玖凛さん
 https://twitter.com/kubu_kurin


 電子書籍はebookjapanがおすすめ!

電子書籍版


-漫画感想
-, ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5