漫画感想

【感想】異世界迷宮でハーレムを(~6巻まで)

2020年9月6日

 サクサク迷宮探検する漫画を読みたい方におすすめ。

基礎情報

異世界迷宮でハーレムを6巻表紙
出典:異世界迷宮でハーレムを6巻表紙

作品名 : 異世界迷宮でハーレムを
ジャンル: 異世界転生
漫画  : 氷樹一世
原作  : 蘇我捨恥
出版社 : 株式会社KADOKAWA
掲載誌 : 月刊少年エース
レーベル: Kadokawa Comics A
発表期間: 2017年3月~
巻数  : 6
アニメ : -

 怪しげなウェブサイトでゲームキャラメイクをしたら何故か異世界で目覚めた道夫。しかしその世界の「奴隷」制度を知った道夫はゲーム設定時に獲得したスキルを使い夢のハーレム生活を送るため冒険に出るのだった!

出典:異世界迷宮でハーレムを1巻紹介文

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 ゲームキャラを作っていたら異世界に飛ばされてしまった主人公加賀道夫。
 飛ばされた異世界では人族、エルフ、ドワーフや狼人族などの多種族が住んでおり、ダンジョンがあり、奴隷制度が存在する。
 奴隷商へと行き、そこで一目惚れした狼人族の女奴隷・ロクサーヌを買うためにお金稼ぎを始める。
 6巻ではドワーフの少女をパーティに入れることになります。

Sample

感想

 ゲームキャラを作っていたら異世界に飛ばされてしまった主人公加賀道夫。飛ばされた異世界では人族、エルフ、ドワーフや狼人族などの多種族が住んでおり、ダンジョンがあり、奴隷制度が存在する。
 奴隷商へと行き、そこで一目惚れした狼人族の女奴隷・ロクサーヌを買うためにお金稼ぎを始める。

 レベル(表示)あり、スキルあり、ステータス(表示)あり、主人公はチートあり。
 もはやテンプレートのようなゲームライク世界への異世界転生もの(転生したのかは本作品では不明だが。)。

 4巻では住まい、5巻は料理、6巻ではお風呂、いやまぁ生活は大事だよな。せめてもの救いは主人公が一応考えて行動や実験をしているところですかね。
 5巻の話で恐縮ですがホワイトシチューをレシピなしで異世界の材料を使い、一度でロクサーヌにうまいと言わしめます。また、苛性ソーダを使用せずに米ぬかで石鹸を精製します。主人公は料理人で科学の先生か何かですか?
 6巻ではドワーフの少女をパーティに入れることになります。2人目の奴隷ですね。

異世界迷宮でハーレムを6巻054
出典:異世界迷宮でハーレムを6巻

 迷宮に入るようになって十年選手(主人公の推測)の単独プレイヤーが7階層のボス部屋前で躊躇しているところ、話しかけられ二言三言会話をしてボスに挑みます。その後主人公たちがさっさとボスをやっつけてボス部屋に落ちている装備を拾って先に進むところ。
 その後主人公の生存意欲というかダンジョンへの意識を見直すことになりますが、ダンジョンの厳しさを伝えるためだけに出されたチョイ役のようで可哀想です…。

 絵はかわいく見やすいです。デフォルメ絵や背景もありとても分かりやすいです。

作者・書籍関連

 氷樹一世さん
 https://twitter.com/HyoujyuIssei


 電子書籍はebookjapanがおすすめ!

電子書籍版(6巻)

電子書籍版(1巻)


-漫画感想
-,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5