漫画感想

【感想】テスラノート(1巻)

2021年4月21日

 スパイアクションが好きな方におすすめ

基礎情報

テスラノート1巻表紙
出典:テスラノート1巻表紙

作品名 : テスラノート
ジャンル: 超本格スパイアクション
漫画  : 三宮宏太
原作  : 西田征史・久保忠佳
出版社 : 株式会社講談社
掲載誌 : 週刊少年マガジン
レーベル: 講談社コミックス 週刊少年マガジン
発表期間: 2021年6号~
巻数  : 1
アニメ : -

 「ミッションT」―――、それは世界を破滅から救うための諜報作戦!

 幼少期から忍者として教育を受け、最高の諜報員として育て上げられた主人公・根来牡丹は、チャラいが優秀な諜報員・クルマとコンビを組み、世界の命運をかけた任務に挑む。
 任務の目的は、天才発明家ニコラ・テスラの遺産であり、超常的な力を秘めた「テスタの欠片」を回収すること。
 欠片を狙う他国の諜報員たちを出し抜き、二人は任務を達成できるのか!?

 彼らに失敗は許されない。
 今世紀最強の超本格スパイアクション、開幕!!

出典:テスラノート1巻裏表紙

感想概要

 おすすめ:★★★☆☆
 主人公の身体能力の高さや、舞台の設定がわかりやすく、ストーリーに沿って説明されるので話に入っていきやすいです。
 絵柄も安定していて背景、アクションともとても読みやすいです。
 まだ1巻なので謎の部分が多いですが、今後明らかになるというより謎解きのようになっていくんでしょうかね。

Sample

登場人物

・根来牡丹(ねごろぼたん)
 主人公。
 根来忍者の末裔、第三十二代頭領だった祖父から幼少期から忍者としての教育を受ける。
 高い身体能力、戦闘能力を持ち、多言語を操り読唇術や返送も可能。

・クルマ
 日本安全振興株式会社所属。
 通常の人より筋肉量が多い。
 チャラい外見と行動だが、正義感溢れる男性。
 ボタンととコンビを組み任務に挑む。

あらすじ

 天才発明家ニコラ・テスラが残した遺産「テスラの欠片」
 テスラの全発明の記録、テスラノートは一つの水晶に保管された。
 水晶に保管された一つ一つの発明は強力な戦力となり、全てを使えば世界を手中に収めるほどの力を持つという。

 幼少期から忍者として教育を受けてきた主人公・根来牡丹は日本安全振興株式会社所属のクルマとコンビを組み、「テスラの欠片」を回収する任務に挑む。

 素性や目的の不明な組織「小さな家」、彼らも「テスラの欠片」を狙っており、二人は他の諜報員たちを出し抜き、任務を達成できるのか。

 

感想

 主人公の身体能力の高さや、舞台の設定がわかりやすく、ストーリーに沿って説明されるので話に入っていきやすいです。
 絵柄も安定していて背景、アクションともとても読みやすいです。

 まだ1巻なので謎の部分が多いですが、今後明らかになるというより謎解きのようになっていくんでしょうかね。

 テスラの欠片にご丁寧にナンバーが書かれているので少なくとも13個は欠片があるようです。
 テスラの欠片を集める任務、裏表紙のあらすじでは失敗は許されないとされながら、今回テスラの欠片を入手できなかったのは失敗ではないんですかね。

作者・書籍関連

 三宮宏太さん
 https://twitter.com/sanchecheco


 電子書籍はebookjapanもおすすめ!

電子書籍版


-漫画感想
-, ,

© 2021 その漫画面白かった? Powered by AFFINGER5